7560円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料

Blog

2021/10/08 17:55

▼ 月経トラブルのある人は常に産後ケアの気持ちで過ごして





・冷たいものを触らない。

・とにかく休む。

・体にいい食事をする。


産後の養生といえばこうですが

これを通常の月経の時にも行うというのは

大げさな感じがするでしょうか。


▼ 月経はそもそも特別な期間


月経は体から血が失われます。

体力も消耗するとても特別な期間です。

毎月やってくるものなので

普通のことと侮ってはいけません。

特に痛みや疲労感など

日常生活をやり過ごせないほどの症状は

産後の体にも似たSOSです。


逆の言い方をすれば

月経時のケアがきちんとできていて

いつもトラブルなく過ごせているなら

産後の回復もスムーズです。


月経が「苦行」と感じたりはしていませんか。

月経に対してもしそんな印象があるなら

過ごし方のちょっとした工夫で

苦行を終わらせましょう。


▼ まずは血(けつ)を補う。


漢方で月経を過ごすときの心構えのひとつは

「補血(ほけつ)」です。

月経で血(けつ)が失われることで

血虚(けっきょ)という状態に陥りやすくなります。

血(けつ)は血液の働きを包括しながら

さらに体を滋養したり

考えるなどの精神活動の源でもあります。


なつめやくこの実など

漢方ではおなじみのフルーツには

この血(けつ)を補う力があります。


▼ 補う血の質にもこだわって!


せっかく体のために補う血ですから

口にするものは

農薬や添加物の使用のないものを選びましょう。

良い血はさらさらと体を巡ります。


血虚は血の流れの滞りを産みやすく

また精神活動にも影響を与えます。

また血の質が悪いことでも

流れの滞りに繋がりトラブルを生じます。


体のためにちゃんとしたい!

その気持ちをしっかり応援できるなつめをご用意しています。

3種類を食べ比べてお気に入りを見つけてください!


美味しい薬膳食材がそろう漢方薬店kampo's
E-mail:info@kampos2015.com